消費者金融のおまとめローンで自己破産を回避しよう

複数社から借金をしていて、返済に追われている方の中には自己破産を考えている方もいるかもしれません。
もちろん、自己破産すれば借金から解放され、金銭面や精神面でのストレスをなくすことができます。

 

しかし、性急に判断を下す前に、まずは自己破産をすることのデメリットについても知っておく必要があります。

 

自己破産とは裁判所ですべての債務を免除してもらう手続きです。
債務者の負債の額、収入、資産等の状況を総合的に見て支払い不能だと判断された場合に、破産ができます。

 

しかし、財産はお金に換えて債権者に配当されるため、一定以上の価値のある財産は手放すことになります。
自己破産をすることによって借金から解放されるのは大きなメリットです。

 

しかし、自己破産をすると今後約7年から10年間借入ができなくなります
なぜなら、破産をした事実が信用情報機関に記載されるからです。

 

延滞などのいわゆる事故情報は5年で消えるといわれていますが、破産の場合は最長10年間は記載されているのが一般的です。

 

基本的に、何らかのローンの申し込みをした際には信用情報機関の照会があり、申込者の過去の返済履歴や借入履歴について知られることになります。
その上で収入やその他の属性を加味した審査が行なわれます。

 

つまり、信用情報の照会の際に自己破産の記録があると、審査に通るのが難しくなってしまうのです。

 

今後住宅ローンや車のローンを組むことを考えているなら、なるべく自己破産はしないほうが良いかもしれません。
破産をせずに確実に借金を減らす方法のひとつに、消費者金融のおまとめローンがあります。

 

おまとめローンとは複数ある借金を一本化して、完済に専念するローンのことです。
消費者金融の窓口または電話で、具体的な提案をしてもらうことができます。